インフォメーション

最新プロフィール&写真掲載
カテゴリーの「プロフィール●写真」からダウンロードしてください

写真はクリックすると大きいサイズで保存できます。
右クリックで保存すると、サムネイルのサイズで保存されますのでご注意ください

お仕事依頼は reireisyamaruko777@yahoo.co.jp までお気軽にどうぞ。 落語、司会、芸人紹介、イベント制作まで 赤字にならない落語会を提案させていただいています。 スケジュールをご覧になって、あいているところは基本的に大丈夫です。 間に合えば、昼夜の掛け持ちも可能です。 どしどしメールしてください。 話し方講座も受付中です 「落語家の話はなぜわかりやすいのか」 「あなたもスピーチ上手になれる」 「あなたも会話上手になれる」 「あなたも面白い話ができる」 講義だけももちろん、実践形式でグループトークをしながら 会話上達を目指すワークショップもございます。 「あの人は話がうまいなあ」 というのを、どこが上手いのか、どういう風に真似れば上達できるのかを 細かく分析してわかりやすく講義します。 「腹式呼吸をやって言葉をはっきり言えれば卒業」 程度のものではなく、実生活で役立つスピーチ術・会話術を 落語家ならではの視点でお話させていただきます。

2009年04月09日

デスペラード朝日新聞に載る!

Image4031.jpgかねてより日本人とイラン人の賃金格差等をネタにしてきた
漫才師・デスペラード(吉本興行)が朝日新聞のなんと経済面にて紹介されています。


武井さんとイラン人サラミさんのコンビですが、
今回は武井さんのみ。

武井さんは10年前から3年ほどぼくと同じお笑いライブに出演していました。一緒に酔って暴れた仲です。
吉本のNSCに入ってから今のコンビになりました。
今回写ってませんが、サラミさんには豚骨ラーメンをごちそうしたことがあります。
うまいうまいって食べてました。



以下記事です。


朝日新聞
2009年(平成21年)4月9日木曜日
経済面


「新入社員、先生は芸人」
吉本興行の若手芸人たちが8日、住友商事の新入社員研修で漫才を教えた。「ボケ」と「つっこみ」のやりとりを通してコミュニケーション能力を高めてもらうのが狙いだ。
新入社員の男女2人組が、一緒に研修を受けている同期生たちの前で声を張り上げる。
「初任給、何に使う?」
「いろいろ買い物しなくちゃ。新しいスーツでしょ。それから時計も欲しいわ」
「後は?」
「それから、あなたへの、結婚指輪」
「会ったばかりやん!」
「初任給の使い道」をテーマに1分程度の漫才に挑戦。141人の新入社員が2人1組になり、あらかじめ用意された台本の空白を埋める形でネタを作り、発表した。
講師は吉本の6人の構成作家と5組の若手コンビだ。
発表が終わると、若手芸人たちが質問した。
「もう一度やれと言われたら、どこを直したい?」
「笑わせようとネタを作ったところと、実際笑ってもらえるポイントが違った。人に伝える難しさが分かった」「もう少しお客さんを見ながら話せれば良かった」「緊張して声が小さくなってしまった」。新入社員の反省の言葉には、コミュニケーションのコツが隠されている。
若手社員の対人能力を高めることは、企業共通の課題だ。研修を企画した住商人材開発チームの藤浩蔵(とうこうぞう)チーム長は言う。「相方とのネタづくりや発表時に客の反応をみるなど、漫才から学ぶものは多い」(太平要)


【写真】若手コンビ「デスペラード」の武井志門さん(右)とネタ作りに励む新入社員ら=8日、東京都中央区の住友商事、池田良撮影
posted by 鈴々舎馬るこ at 15:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif