インフォメーション

最新プロフィール&写真掲載
カテゴリーの「プロフィール●写真」からダウンロードしてください

写真はクリックすると大きいサイズで保存できます。
右クリックで保存すると、サムネイルのサイズで保存されますのでご注意ください

お仕事依頼は reireisyamaruko777@yahoo.co.jp までお気軽にどうぞ。 落語、司会、芸人紹介、イベント制作まで 赤字にならない落語会を提案させていただいています。 スケジュールをご覧になって、あいているところは基本的に大丈夫です。 間に合えば、昼夜の掛け持ちも可能です。 どしどしメールしてください。 話し方講座も受付中です 「落語家の話はなぜわかりやすいのか」 「あなたもスピーチ上手になれる」 「あなたも会話上手になれる」 「あなたも面白い話ができる」 講義だけももちろん、実践形式でグループトークをしながら 会話上達を目指すワークショップもございます。 「あの人は話がうまいなあ」 というのを、どこが上手いのか、どういう風に真似れば上達できるのかを 細かく分析してわかりやすく講義します。 「腹式呼吸をやって言葉をはっきり言えれば卒業」 程度のものではなく、実生活で役立つスピーチ術・会話術を 落語家ならではの視点でお話させていただきます。

2013年04月03日

落語漫画の取材まみれ

落語漫画が増えましたねえ。
「どうらく息子」の取材は2年以上関わっていますけど、
色んなご縁で、同時に3本の落語漫画の取材を受けましたのでご紹介します。


まずは「どうらく息子」
20130403_123948_0.jpg

「夏子の酒」「蔵人」など日本酒漫画でもお馴染みの尾瀬あきら先生の落語漫画。
小学館のビッグコミックオリジナルで絶賛連載中。
ぼくがかなり裏話を暴露しています。
作中に採用されたエピソードも多々あります。
尾瀬先生には仕事の方でもお世話になっておりまして、

20130403_124021_0.jpg

「どうらく寄席」という尾瀬先生主催の落語会を過去二回開催していただいてます。
日本酒と料理がうまい店でやるので、打ち上げが楽しみすぎる会でもあります。
前回16時スタートで都内なのにホテルに泊まりましたからね。
第3回は5/26日に開催が決まっております。
詳細はまた発表しますね。


それから「こたつやみかん」

20130403_123833_0.jpg

講談社の月刊アフタヌーンで連載中の女子高生落語研究会の漫画です。
「すずめすずなり」「オクターヴ」などを描いた秋山はる先生の新作。
この度単行本一巻が発売になりました。おめでとうございます。
秋山先生の作品なので恋愛ものかと思いきや、高校生が真面目に落語に取り組むお話です。
秋山先生自身も落語を習っているそうで、落語に対する愛がびんびん伝わってくる作品です。

20130403_123912_0.jpg

サイン入りの単行本をいただきました。
ありがとうございます。


そして今月から始まった新連載が「いろもん!」

20130403_124055_0.jpg

20130403_124115_0.jpg


20130403_130356_0.jpg


小学館月刊スピリッツで今回が連載デビューという眉月じゅん先生の作品です。
AV女優が若手の落語家に落語を教わるという異色作。
女の子がムチムチセクシーに描かれているんですが、
作者の眉月先生もムチムチセクシーでぐいぐいくるタイプです。
自分と似たような女性キャラって書きやすいんですかね?
秋山先生は「こたつやみかん」の主人公の坂井さんみたいな感じですよ。
ちょっと引っ込み思案な女の子って感じです。


不思議なもので、それぞれの作家さんが描きたいものが違うんでしょうね。
全員違う角度から落語、落語家に対する質問が飛んできます。
だから同じエピソードはお話してないんですよね。
漫画を読んでも分かる通り、それぞれが違うテーマで描かれてますから、
同じ落語を扱った漫画なのに、すべて世界観が違うんですよね。

みなさんもぜひ読んでみてくださいね。
posted by 鈴々舎馬るこ at 13:04| Comment(0) | 日記

大須演芸場に行ってきました

久しぶりに名古屋の大須演芸場に10日間出演してきました。
楽しかった。
毎回色んな発見がある。
10日で20席以上自分の高座を録音して後で聞く。
声の出し方がまずいなとか、間が悪いなとか、焦ってんなとか。
突発的に生まれるネタもある。
今回はすんごい、歴史に残るような小噺が一個生まれた。
飲みの席でこれから長い間お世話になれそうな小噺だ。
こういうのがあるからこれからも大須通いを続けなくてはと思う。

帰って翌日、いつもお世話になっている相模原の永田屋さんのイベント。
午前と午後の2回公演。
寄席は落語を聞きにくる前提だから、「マクラで笑わせてからじっくり落語」が一つのパターン。
しかしこういう無料イベント、しかも後ろで人がうろうろ通行している場所だと、落語は通じない。
35分の高座だったが、20分小噺と客いじりでわんわん笑わせて、
さあ残り15分笑いの多い落語をと噺に入ったら、お客さんがすーっと引いて行くのがわかった。
背中に冷たい汗が流れる。
「やばい」と本能的に悟って、15分の噺を小噺のようにして2〜3分でまとめて、
また次の小噺の連続の流れに戻す。
お客さんの笑いも戻る。
なんとか笑わせ続けての高座を務める事ができた。
師匠が地方で意地でも古典をやらない理由がわかった。
いや、わかってはいたんだけど、やっぱり落語家だから「落語でウケたい」っていう承認欲求があるんだよね。
いつもはこういうイベント系だと落語はやらないんだけど、大須の10日間を悪い意味で引きずっていた。

特に後半4日間はブラック師匠が「馬るこはどんな落語をやるのか」と2階の正面に座って見てるもんだから、
「お客さんとブラック師匠をウケさせる」ために、どうしてもネタのチョイスがマニアックになりがちだったからなあ。
ブラック師匠とは高座を介して会話をしている気がする。

そんなブラック・馬るこの二人会が4/13(土)お江戸日本橋亭で開催。
13時開演。大須演芸場のあのバトルが再現されます。
この模様はCDになる予定です。
お楽しみに!

それからブラック師匠も巻き込んだDVD企画が進行中。
ぼくにとっては今年最大のイベントに成る予定。
悪徳プロデューサー鈴々舎ワルコの真骨頂をお見せします。
「みんながこんなDVDを望んでいた!」という作品をお届けする予定です。
そちらもお楽しみに!
posted by 鈴々舎馬るこ at 12:12| Comment(0) | 日記

2013年02月24日

会場変更のお知らせ

【緊急】会場変更のお知らせ。馬るこ 団姫 大治朗 ジキジキ 出演 「大須演芸場同窓会」西荻窪ビリヤード山崎から西荻窪駅北口目の前カラオケ館の407に変更になりました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。よろしくお願いします。
開演は若干遅れると思います。
posted by 鈴々舎馬るこ at 16:22| Comment(0) | 日記

本日の落語会について

【緊急】本日予定している西荻窪大須演芸場同窓会ですが、会場のビリヤード山崎さんが閉まっている上に連絡がとれません。16:20までに連絡がとれない場合は、やむえない措置として、西荻窪駅北口目の前のカラオケ館のパーティルームに変更します。申し訳ありません。

係のものが誘導しますのでよろしくお願いします
posted by 鈴々舎馬るこ at 15:56| Comment(0) | 日記

2013年02月11日

明日 こちらが正しいです

明日11日、三遊亭円朝作「双蝶々」通しでネタ下ろし。
12時開演「円朝座」で上・中、15時開演「初演の会」下。皆様お越しください
【場所】御徒町・落語協会二階
台東区上野1−9−5
【予約】baorin@reireisha.com
posted by 鈴々舎馬るこ at 00:13| Comment(1) | 日記

2013年01月06日

新ニッポンの話芸ポッドキャスト 新年妄想トーク炸裂号

【新ニッポンの話芸ポッドキャスト】

新年特別号


2013年新年早々妄想トーク炸裂!
こしらと馬るこの未来年表。
広瀬和生が混ぜっ返す。
きつつきはどう答えるの?

大爆笑のポッドキャストは
http://www.rakugo-podcast.com/shinwagei/
からダウンロード!


次回
広瀬和生プロデュース こしら 馬るこ きつつき
「新ニッポンの話芸」
1/26(土) 成城ホール
19時開演 
前売り2500円
当日2800円
【出演】立川こしら 鈴々舎馬るこ 三遊亭きつつき
【予約】03−3482−1313
posted by 鈴々舎馬るこ at 03:54| Comment(0) | 日記

スケジュールヘッドライン1月〜8月

あけましておめでとうございます。
昨年はブラック師匠との二人会も始まり、
成城ホールさんと広瀬和生さんに「新ニッポンの話芸」に推薦していただいたり、
それに伴って始めた「新ニッポンの話芸ポッドキャスト」が
ある話題で炎上して一時期iTunesのポッドキャストランキングで
バナナマンさんや山里亮太さんを押しのけてコメディランキング6位を獲得したり、
激動の1年でした。
もちろん「初演の会」でネタも増やし、
今までお世話になっている席亭さんの落語会も順調に回数を重ね
着実に落語家としてステップアップした年だったと思います。
今年も皆さんに新しい爆笑をお届けできればと思います。

鈴々舎馬るこ

スケジュールは空いている限りどこへでも伺います。
昼夜のかけもちも可能です。
基本的に「赤字にならない落語会」というのを提唱してますので、
低予算でもとにかくご相談ください。

落語、司会、芸人紹介、話し方講座、イベント制作までご用命は
reireisyamaruko777@yahoo.co.jp



スケジュール
2013年1月

6日 リアルなまるこ 西荻窪 18時
7日 新年会
9日〜13日 大須演芸場
14日 初演の会 御徒町 13時
14、15、17、18、20日 新宿末広亭 正月二之席 夜の部 16時50分上がり
トリ・柳家小三治
16日 池袋山野楽器落語会 15時
   三四楼・馬るこ二人会 19時
18日 choito寄席 19時 飛田給
19日 そうだ じゅげむ きこう 清瀬 14時
23日 虎の穴 19時 西荻窪
24日 萬感寄席 20時 高円寺
26日 新ニッポンの話芸 19時 成城ホール
28日 学校寄席 新高円寺
29日 長野
30日 池袋山野楽器落語会 15時
   横浜にぎわい座 19時(貸し切り公演)


2月

4日 吉田屋寄席 19時 荻窪
6日 池袋山野楽器落語会 15時
9日 高円寺演芸祭 14時&17時
10日 白鳥・馬るこ二人会 青森
11日 円朝座 御徒町 12時
   初演の会 御徒町 18時
12日 萬感寄席 20時 高円寺
16日 相模原
17日 野田
19日 新ニッポンの話芸 成城ホール 19時
20日 池袋山野楽器落語会 15時
22日 鈴々舎馬るこ独演会 名古屋
23日 横須賀
25日 レザミ寄席 神楽坂 19時



3月
3日 早朝寄席
6日 池袋山野楽器落語会
9日 花形演芸会 国立演芸場 18時
10日 馬るこ・志ん八二人会 足立区桜花亭 14時
20日 ブラック馬るこ二人会 日本橋亭 13時



4月
3日 池袋山野楽器落語会
9日 新ニッポンの話芸 成城ホール 19時
13日 ブラック馬るこ二人会 日本橋亭 13時
   大手町落語会 18時
17日 池袋山野楽器落語会 15時
20日 なまらく 両国亭 18時
27日〜5月6日 山口ツアー



5月
1日〜6日 山口ツアー
8日〜10日 CPEキャットファイト
15日 池袋山野楽器落語会
27日 レザミ寄席 神楽坂 19時
31日 快楽亭ブラックの会


6月
1日〜12日 大須演芸場 (6日休演)
6日 長野
19日 池袋山野楽器落語会 15時


7月
3日 池袋山野楽器落語会
6日 川柳馬るこ二人会 岐阜 14時
7日 北とぴあ
14日15日 夏TEN
17日 池袋山野楽器落語会 15時
22日〜28日 東北ボランティア落語ツアー2

8月
3日 野田市夏祭り司会
7日 池袋山野楽器落語会 15時
16日17日 岐阜
21日 池袋山野楽器落語会 15時
25日 なまらく
posted by 鈴々舎馬るこ at 03:11| Comment(2) | 日記

2012年12月23日

文菊まつり

IMG_3675.jpg(写真:オープニング映像に出てくる「みんなで行った伊豆旅行」)

馬るこです

文菊まつりご来場ありがとうございました。

連日あれやこれやを片付けながらのスケジュールなのですが、
前日が一日パーティの司会で、軽く飲んで帰ったらもう深夜0時。

リポD飲んで、よっしゃオープニング映像作るぞ!
と意気込んでメールを開くと、尾瀬あきら先生から「どうらく息子」の取材依頼。
明日以降のスケジュールを考えると、このタイミングで返信しないと年が明けちゃうので、
カフェインが入ってることも手伝って、タッタカタッタカキーボードを打ち、長文メールを返信。
ぼくのバラした内部情報をぜひ作品に生かしてください、尾瀬先生!

返信して一息つくと、午前1時半。

ぎゃっと叫んでオープニング映像をカチカチマウスをクリックしながらシコシコ作り、DVDに焼き上げたのが朝の6時半。

10時半入りなのでもう徹夜確定ね。

お風呂に入って仕度をして
北沢タウンホールへ。

TENメンバーそれぞれの個性あふれる高座、余興、口上と、6時間という長丁場でしたが、本当に楽しい文菊兄さんをお祝いする会となりました。

お越しいただいたお客様、主催していただいた北沢タウンホールさん、
その他今回携わった多くの皆様に御礼申し上げます。

また今回の映像はTEN初のDVDとなって来年発売する予定です。
少しの銭の匂いもかぎのがさずにいこうと思っています。

オープニング映像はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=RJ30Q1UU3Uc


2013年もTENをよろしくお願いします!
posted by 鈴々舎馬るこ at 17:06| Comment(0) | 日記

2012年12月18日

文菊まつりまであと4日切りました!



12/22(土)
北沢タウンホール
「文菊まつり」
15時開演
21時終演
2500円(当日2800円)

もうまもなくです。

2003年に前座として楽屋入りした落語協会の二ツ目10人のユニット「TEN」による一大イベントです。

我々のトップである
古今亭菊六兄さんが今年、
28人抜きで真打に昇進しました。

改名して古今亭文菊。

我々の希望であります。


残った二ツ目の我々9人が文菊兄さんを盛り立てるこのイベント。

まだまだお席に余裕がございます。

ぜひぜひお越しいただきたいと思います。


仲良しのこの10人、
毎月開催の「月例TEN寄席」
2日間6公演の「夏TEN」
10人収録CD発売、落語生配信、熱川への旅行会、「菊六まつり」という名のカラオケ会。

その集大成が試されてます、、、が、、、

まだまだお席には若干の余裕がございます。
ぜひぜひ皆様お越しいただきたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

鈴々舎馬るこ
posted by 鈴々舎馬るこ at 22:24| Comment(0) | 日記

2012年12月15日

こしら兄さん真打ち

IMG_2397.jpg

昨日は成城ホール
こしら兄さん真打ち昇進記念の会。

前々から主催の方が「口上の時の鳴り物が心配だ」と歯をガチガチさせていたので、
「ぼく行きますよー」
と、気楽な気持ちで鳴り物のお手伝い。

志らら「前説」
談笑「堀之内」
談四郎「人情八百屋」
志らく「金名竹」
仲入り
真打昇進披露口上
こしら「御神酒徳利」

なんだか周りの人間が
こしら兄さんを、なんとかしよう、なんとかしようと奔走してるのが面白いですね。

上の人からはほっとけない感じがするんでしょうね。

とにもかくにも、おめでとうございます!
posted by 鈴々舎馬るこ at 23:08| Comment(0) | 日記

2012年12月12日

まるらくごCD発売

IMG_6627.jpg本日2012年12月12日
「まるらくご〜うしといぬとしにがみ」(avex trax)
発売
2000円

一、新牛ほめ〜デザイナーズハウス版
一、新死神〜死神の剣
一、鴻池の犬〜所詮世の中、銭

お買い求めは
Amazon「まるらくご」で検索
もしくは
ミュージックテイト
0120-277-902
全国配送行っております
ぜひぜひよろしくお願いします!

発売イベント
12/12
「鈴々舎馬るこCD発売記念の会」
19時開演
2000円(当日2300円)
【出演】鈴々舎馬るこ
春風亭百栄
翁家勝丸

まだまだお席ございます!
よろしくお願いします!
----

お客さんから焼き物のうしといぬと死神をいただいたので、今日はCD立てを製作しました。
ありがとうございました。
posted by 鈴々舎馬るこ at 15:59| Comment(0) | 日記

2012年12月04日

曙のステーキハウス

IMG_1580.jpg元横綱で現プロレスラーの曙さんのステーキハウスが荻窪にできた。

先日たまたま通りかかって入ると、曙さんはいない。

カットステーキ1000円は普通にうまい。

なぜか働いていた元プロレスラーの二瓶組長に「曙さんはいつ来ますか?」
と聞くと、3日と4日とのこと。

本日4日、サインしてもらおうと曙さんの相撲時代の反物で作った法被を片手に再度来店したが、急用のため曙さんはいない。

残念。

しかしステーキは普通にうまい。


落語会のお知らせ。
12/12
まるらくごCD発売記念落語会
新宿文化センター
19時開演
2000円

12/22
文菊まつり
北沢タウンホール
15時〜21時
2500円
posted by 鈴々舎馬るこ at 18:36| Comment(0) | 日記

2012年11月28日

本日萬感寄席時間変更

【時間変更】本日、高円寺萬感寄席です。いつもより一時間遅い20:30開演になります。急で申し訳ありません。よろしくお願いします。
posted by 鈴々舎馬るこ at 14:47| Comment(0) | 日記

2012年11月24日

山口ツアー5

IMG_0555.jpg
山口ツアー4箇所目は岩国、5箇所目は下関市長府。
それで今回のツアーはお終い。
皆様ありがとうございました。

写真はわが故郷、防府市で墓参りをした時、山から撮った一枚。
美しい夕陽が撮れた。


最近少しづつ、東京のホール落語などに呼んでいただけるようになったが、
ホール落語と地方営業は全くスタイルが異なるため、
どちらもこなして行くのはなかなか面白い。

同じネタをやって、どちらでもウケるのが理想だけど、
今回の収穫は「新宮戸川」が地方営業でも使えると分かったこと。
自分の中では「新牛ほめ」以来のヒットですわ。
posted by 鈴々舎馬るこ at 12:09| Comment(0) | 日記

山口ツアー4

IMG_0507.jpg

祝島の会の翌日、仕事が入ってなかったので、島を案内してもらう。

普段からの不摂生と運動不足に支えられたFATボディで傾斜のキツイ山登りをしたため、
膝が小刻みに笑い始める。

しかしそこに広がる光景は美しかった。
この写真は今ぼくのiPhone5の壁紙になっています。

あ、4とか4sじゃなくて5ね。

つれーわー。
5は今までと充電器の形違うから、4sの人に充電器借りようと思っても使えないからまじつれーわー。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:55| Comment(2) | 日記

山口ツアー3

IMG_1602.jpg
祝島独特の壁、練塀(ねりへい)。

祝島はどこ掘っても石が出てくる石でできた島。
練塀は浜辺から適当な石を拾ってきて漆喰で固めたもの。
200年ほど前から始まり、今新しく建てる所はみんなコンクリートなので、
郷土史のある期間のみに刻まれた文化遺産だ。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:49| Comment(2) | 日記

山口ツアー2

IMG_0041.jpg

山口ツアー三箇所目は
上関町の祝島。

始めて行く。

光がんざき亭さんのご紹介で、離島での落語会が実現。
人口400人の島で40人が集まりました。
実に総人口の10%!
東京都で換算すると、130万人を動員した計算になります。

船着場から定期船で行きます。わくわく。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:44| Comment(0) | 日記

山口ツアー1

IMG_2752.jpg馬るこの地元、山口県で毎年山口ツアーを行っています。
実家に滞在して、交通費と宿泊費はいらないので、
赤字にならない範囲内でよろしくお願いします、ってことで、
だんだん会場も増えて今回は5箇所で開催。
みなさん本当にありがとうございました。

まだまだ募集してますよ。
お気軽にお申し込みください。
reireisyamaruko777@yahoo.co.jp


光市では
「いきいきクラブ」さん
「室積公民館」さん
と二箇所。

光で泊まったホテルでは「マルちゃん」の自販機で日清のカップヌードルを売るというカオスに遭遇。

いきいきクラブさんの会の後は、手作りで建てた離れで湯豆腐をいただき、

室積公民館さんの会の後は、囲炉裏で手作りのサヨリの一夜干しをいただきました。


年取ったら田舎暮らしも悪くないと思いました。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:40| Comment(0) | 日記

福島2

IMG_0042.jpg全村避難の飯館村を通って現地入り。

一時帰宅は出来るが、住んでいる人はいない。
と思ったら、老人ホームの入居者はまだ住み続けているとのこと。

働く人がいなくて困ってるそうだ。

タクシーの運転手さんに色々お話を伺ったが、
避難区域でもない、保証金も出ない、でも空間線量が高いところに住んでる方たちが精神的なものも含めて、一番負担が大きいように感じた。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:32| Comment(0) | 日記

福島1

IMG_2269.jpg
11/3
馬桜師匠にいただいたお仕事で南相馬へ。

浜通りの常磐線が使えないため、中通りの新幹線・福島の駅から車で東に。

途中、除染作業をしているところを見る。

避難区域に入らなかった境目のところは、線量は高くても人は住み続けている。
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:26| Comment(0) | 日記
spacer.gif