インフォメーション

最新プロフィール&写真掲載
カテゴリーの「プロフィール●写真」からダウンロードしてください

写真はクリックすると大きいサイズで保存できます。
右クリックで保存すると、サムネイルのサイズで保存されますのでご注意ください

お仕事依頼は reireisyamaruko777@yahoo.co.jp までお気軽にどうぞ。 落語、司会、芸人紹介、イベント制作まで 赤字にならない落語会を提案させていただいています。 スケジュールをご覧になって、あいているところは基本的に大丈夫です。 間に合えば、昼夜の掛け持ちも可能です。 どしどしメールしてください。 話し方講座も受付中です 「落語家の話はなぜわかりやすいのか」 「あなたもスピーチ上手になれる」 「あなたも会話上手になれる」 「あなたも面白い話ができる」 講義だけももちろん、実践形式でグループトークをしながら 会話上達を目指すワークショップもございます。 「あの人は話がうまいなあ」 というのを、どこが上手いのか、どういう風に真似れば上達できるのかを 細かく分析してわかりやすく講義します。 「腹式呼吸をやって言葉をはっきり言えれば卒業」 程度のものではなく、実生活で役立つスピーチ術・会話術を 落語家ならではの視点でお話させていただきます。

2012年10月04日

雑記

9月5日
池袋山野楽器落語会、「レバ刺し根問」ネタ出し。
でも常連さんばかりで、みなさんほぼ聞いてるネタ。
「このあとプロレス落語やらなきゃいけないんですけど、
それやっていいですか?それともレバ刺しにしますか?
一人でもレバ刺しがいいという方がいたらそちらをやります。
では、「レバ刺し根問」が聞きたい方、拍手をお願いします!」
まさかのゼロ人!
と言うわけで「紙くず屋プロレスバージョン」ネタ下ろし。

夜の会まで時間が少しあったので、ウケたところと
ウケなかった所を整理、さらにプロレス都々逸を3つばかり考えて
プラスする。
結果的にそこが一番ウケた。
推敲ってだいじですねー。

夜は「WWW(トリプルダブリュー)」
プロレス好きな芸人たちの落語会。
ゲストは天龍源一郎さん。
ぼくは開口一番。ふわっと場内をあっためる。
でも一番盛り上がったのは天龍さんのトーク。
プロレスの裏話もいろいろ聞かせていただきましたが、
最後、聞き役のマグナム小林先生の質問
「今、一番戦ってみたいプロレスラーは誰ですか?」に対して、

「そんなもん、決まってるだろう。天龍源一郎だよ」

格好良すぎ。
おしっこ漏れました。

6日
成城ホール会議室にて「話し方教室無料体験講座」
無料だからか満員で、3時間大声でしゃべりっぱなしには
さすがに疲れました。
11月から全6回で本番が始まります。
近日中に詳細もアップしますので宜しくお願いします。

7日
西荻窪「馬るこぴっかり二人会」
NHK新人演芸大賞の決勝に残ったぴっかりさん
お祝いにトリを取ってもらいました。
ぼくは午前中に「思い出の冷や奴」という落語を作り、ネタ下ろし。
もう少し練り上げて、主力の落語にしていきます。
10月26日のらくごカフェ「TEN寄席」にてネタ出しをしています。

8日
中野すし政
お寿司屋さんに高座を設けて落語会。
「目黒の秋刀魚」は、お客さんがお腹がすくように
秋刀魚をおいしそうに食べるようにしています。
案の定終演後、「マスター、今日はサンマ無いの?」
との声が飛び、ぼくは密かにニンマリ。

9日
「三四楼馬るこ二人会」
お互い袋小路に入って来た。この会は。

10日
学生大喜利のユースト番組に出演。
帰ってアーカイブを見たけど、
もっとガンガン話をふくらまさないとつまんないですね。
落語家のトーク力のなさを露呈してしまいました。
大喜利の答えに瞬時に反応してうまい切り返しをするって
そうとうスキルいりますね。
「オンナノコ電力」のトークの司会は自分のペースで進められたので
いい感じで笑い取って行けたんですが、
ひな壇って難しいなあ。

11日
久しぶりに、本当に久しぶりに寄席に入れていただきました。
桂南喬師匠のトリの芝居です。
新宿末広亭に伺おう伺おうと思ってたんですが、
ついついお酒を飲んでしまいました。

12日
成城ホール「そうだ じゅげむ きこう」
タイトルのせいで、
「毎回「寿限無」が4席聞けるんですか?」
とよく聞かれましたが、違います。
そういうタイトルというだけです。
こみちさんが出ていたので、
こみちさんと旦那の漫才師、宮田昇さんが活躍するドキュメント落語「こみちの締め込み」。
こみちさんのお母さんがお友達をたくさん呼んでいたので、
打ち上げに参加せずに、こみちさんはお母さんのグループの飲み会へ。
「じゃあ、スタッフに手紙を書いて行ってよ」
とボールを投げると、シャレた手紙を残して行きましたよ。

本日はありがとうございました云々とあり、後半部分、
「本日は私の母が団体を連れて来てくれましたので、そちらの打ち上げに行かせていただきます。
また私を呼んでいただけましたら、母もがんばってお客さんを集めると思いますので宜しくお願いします。
なお、万が一色物を入れるということがありましたら、ぜひ宮田陽・昇を宜しくお願いします」

夫婦愛に泣いた。

14日
新木場1stリング「CPEキャットファイト」
大人気キャットファイター、シャッターチャンスわかさん引退試合。
ぼくがリングアナとしてコールするのは最後かな。
最後はみんな号泣。
次回は12月27日。
大仁田厚さん参戦です!

15日
一之輔兄さんの地元であり、我が師匠・鈴々舎馬風の地元である
千葉県野田市にて真打ち昇進披露落語会。
口上の司会を務めて参りました。

「明日は口上があるので黒紋付を忘れずに持って来てください」
と一之輔兄さんから丁寧な電話までいただきました。

当日、本人が忘れていました。
しかも気がついたのが口上の20分前。
着物屋さんに連絡したり手をつくしたんですが、どうにもならず。
一人だけ普通の着物で口上。
そこをいじりたおしての司会となりました。

二つ目の兄さんが笛だけを吹きに来ていまして
幕を開ける所の鳴り物で
太鼓が「テレツクツ テン テン」と入ったら
「ピーーーーィッ」と甲高い笛の音が出ないといけないんですが、

緊張しすぎていたんでしょうか。
「テレツクツ テン テン」「スーーーー」
「テ ツ テ ツ スッ テン」「スーー、スーー、スーーーーー」
え、ええええ。まじですか、兄さん!
やばいっす、やばいっす。
兄さん、せめて最後の、テン!テン!のあとのピーーーーーィッ!だけ決めてください。
お願いしますよ!
「テテツクツ テン テン ヤー テン!テン!」「スーーーーーーーーーーーーーー」
全員ズコーーーー!

「新ニッポンの話芸」と主催が同じだったので
アクティオの統括館長・野際さんと共に、成城ホールに移動。
せっかくなので黒紋付で「鴻池の犬」
この落語は、12月に出るぼくのCDに収録されます。
お楽しみに!


posted by 鈴々舎馬るこ at 17:10| Comment(1) | 日記

2012年09月30日

本日の葉山の会は中止です

本日葉山で予定されてました、鈴々舎馬るこの会ですが、台風接近のため、
主催者の方の判断により、中止となりました。
楽しみにしてた方、申し訳ありません。
日を改めての開催となります。
宜しくお願い申し上げます。
posted by 鈴々舎馬るこ at 14:47| Comment(0) | 日記

2012年09月26日

東北ボランティア落語DVD

遅くなりまして申し訳ありません。
3月に行われました東北ボランティア落語ツアーのDVD、
資金提供してくださった皆様のお手元に、11月頭くらいにはお届け出来そうです。
本当にお待たせして申し訳ありません。ありがとうございました。
posted by 鈴々舎馬るこ at 20:02| Comment(0) | 日記

2012年09月13日

明日はキャットファイト

明日9/14は「CPEキャットファイト」新木場1stリング 19時スタート!女と女のぶつかり合いセクシーイベント。
当日券もありますよ!
馬るこはリングアナです!http://www.catpanic.com/C2_1.htm


開場18:00/開演19:00 (22:30終了予定)
どきッ!女だらけのキャットファイト祭2012
フライデーナイトフィーバー

@新木場1stリング(東京)
※東京都江東区新木場1-6-24
※写真撮影自由

■イベントに関する全ての問い合わせ
090-8649-8861 (CPE)


【対戦カード】
このページ下段(1つ前のニュース)をご覧ください。

【当日券情報】
18:00より会場入口にて販売致します!
席種は「一般指定席(ひな壇席)¥7000<極少>」に加え当日限定の【立見¥5000】も御用意しております。VIP席・SS席・RS席は完売。

【緊急出演決定!】
男姫『寧々』、アイドル芸人『愛華』、アイドルファイト「女闘美X」出身アイドル『美弥乃静』の出演が決定しました。どこに出演するのかは当日発表!

【ブース(物販)情報】
▼グッズ関連
●CPE夏祭りTシャツ2012ver.(各¥3000)
└夏フェス仕様。紫×蛍光緑/黒×シルバー/緑×ライトイエロー3種類(サイズS〜XL)
※各出場選手のブースも多数用意!

▼DVD関連
●新作DVD格安セット販売(3枚組合せ自由¥5000)
◎CPE10周年記念興行-ヌルヌル大運動会
└2012年5/10新木場大会収録(ザ・グレートサスケほか参戦)

◎俺達のゴールデンキャットファイト-上・下巻
└2012年5/11新木場大会収録

◎キャットファイト大全集33〜34
└新日本キャットファイト連盟特集(チェリーのキャットファイター時代など、お宝映像満載!)

●旧作DVDバイキング(どれでも1枚¥1000)
└過去のDVD約50タイトル用意(1点モノ多数有)

●オンナノコ電力単独公演収録DVD先行販売(特価¥3000)
└2012年7/11新宿ネイキッドロフト収録
※夢子&SCわかのコントライブを180分収録(特典映像込)


▼チケット超先行販売
●次回キャットファイト大会先行
└12/27@新木場大会『CPE年末興行・キャット番狂わせ!!』(大物選手参戦決定!)
※最前列から用意します。(¥6000〜)
☆各大会・イベント詳細は当日配布するフライヤーに掲載します!

▼飲食
●冷やしトマト
●チョコバナナ
●アルコール・ジュース類各種

▼その他
●VIP&SS指定席のプレゼント非売品DVDは、2012年4月28日山梨野外チャリティーイベントドキュメンタリー【大興奮!暴動寸前ッ!キャットプロレス(非売品)】です!
●e+(イープラス)プレオーダー特典の撮影は各大会開場20分後から行います。リングサイドにお集まりください(アナウンスで指示致します)


それでは、多数のご来場お待ちしております!

会場でお会いしましょう!
posted by 鈴々舎馬るこ at 17:21| Comment(0) | 日記

2012年09月09日

お仕事

えー、仕事と飲酒に忙しくてブログの更新が止まりがちですみません。

8/29
「とんかつ寄席」
神奈川・鶴見の「むら井」にてとんかつ寄席
馬桜「唐茄子屋政談」
馬るこ「レバ刺し根問」
「レバ刺し根問」はお年寄り中心の会なのでどこまでウケるかわかりませんでしたが、
このネタは年齢層関係なくウケることがわかりました。

馬桜師匠のネタ終わってからやっぱり出ましたね。
「唐茄子ってなんですか?」
かぼちゃのことなんですが、江戸の方言ですから、やっぱり説明しないとわかんないですよね。
ぼくも最初わかんなかったですもん。
終わってからはあいかわらずおいしいとんかつをいただきました。
ありがとうございました。

9/1
三遊亭時松兄さんが結婚しまして、
二次会の司会および余興を我々同期のメンバーでやることになりました。
同期10人のTENメンバー、半分結婚していますが、
披露宴をやろうという甲斐性のある野郎は今まで一人もいなかった。
偉いですよこの兄さんは。

ぼくは余興担当でした。
話し方教室でも「立ち位置を理解すること」
と偉そうに講釈を述べていますが、
こういう時もぼくは立ち位置をまず考えます。
「新郎新婦の友人が中心の集まり」「鈴々舎馬るこなんてほとんど誰も知らない」「主役は新郎新婦」
という状況であるならば、
「新郎新婦の馴れ初めをゲーム形式で聞きながら、落語家ならではの話術で盛り上げる」
という方向で考え、余興内容は
「新郎新婦アンケートクイズ」
となります。

新婚さんいらっしゃいと同じで、
あらかじめ取材をしておいて、面白そうなエピソードをクイズ形式でうまく引き出して
語ってもらいます。
そこで「ちょっと待ってくださいよ!バレンタインデーにチョコ渡してるんですよ。好意があるに決まってんじゃない。
なぜ新郎はそんなに鈍感なんですか!」
などとツッコミを入れることによって、笑いやすい雰囲気をこちらで作り出すんですね。
そうすると、お客さんにとっては身内いじりになるわけで、大変盛り上がるのです。

キャットファイトの「オンナノコ電力」のトークショーとか
今やってるポッドキャストでもそうなんですが、
ぼくはこういう役回りをさせると、落語よりうまいですね。
つまり自分が前に出るより、
相手の笑いを効果的に引き出すという役回りね。
その辺がいまいちメジャーになりきれない原因であるのかもしれませんね。


9/2
菊六兄さんの真打ち昇進披露パーティのお手伝い。
いよいよ文菊になってしまいましたよ。
家族ぐるみでおつきあいしている市川団十郎さん、海老蔵さん、麻央さんもいらっしゃってました。
会計をやっていたので、パーティ本体は見られず残念。
おめでとうござんす、兄さん。

9/3
「ブラック・馬るこ二人会」
ブラック師匠にお声をかけていただいたのはありがたいのですが、
必ず新ネタをぶつけないといけないというプレッシャーに襲われるこの会。
ゲストの坂本頼光さんもサザザさんの新作、手書きで1500枚原画を書いてアニメを作って来たそうです。
ぼくも「アメリカのあくび指南」「こみちの締め込み」とまだブラック師匠の前でやっていない
新ネタ2席。
ブラック師匠は「オ◯ニー指南」「七度狐の改作」

4日
NHK新人演芸大賞予選。
早くも次の日に発表になりまして、東京から
桂宮治さん
春風亭昇吉さん
春風亭ぴっかりさん
が決勝に進出することになりました。
ぼくも優勝できませんでしたが、去年決勝に出てるんですよね。
今年も決勝行けるかなあと思ったんですが、
全員ぼくより後輩なんですよ。
なんかもう、ぼく、過去の人みたいになってませんかね。
すでに老後みたいな気分なんですけど。
新陳代謝早すぎですよ、落語界。

ちなみに3人ともわしが育てた。

というわけで、決勝のある10/20の午後の予定があいたので、
お安くしときます。お仕事在る方は
reireisyamaruko777@yahoo.co.jp
までご連絡をお願いします。


これから池袋山野楽器で、「三四楼馬るこ二人会」なので、
この辺で。
posted by 鈴々舎馬るこ at 14:21| Comment(1) | 日記

2012年08月25日

これが噂の

IMG_1558.jpgIMG_9405.jpg













名古屋名物 台湾ラーメン アメリカン
posted by 鈴々舎馬るこ at 23:41| Comment(1) | 日記

8月の思い出

8月4日
32回目の誕生日。
仕事3つ。
鎌倉で「材木座落語会」。
山の中にある小民家風のカフェで2回公演。
窯があったので、焼き物でもするのかと思いきや、ピザを焼くそうで。
焼きたてピザをいただきました。
マルゲリイイイイイイイタァァァァ!

昼間は【子ども落語】
「落語を聞くと頭が柔らかくなります。では、発想力を鍛えるためにゲームをしましょう!」
というので、「一から十まで」というゲームをやってひとしきり盛り上がり、
「寿限無」「まんじゅうこわい」
「まんじゅうこわい」って子どもにウケますね。
この噺は難しいこと一つも言ってないんですよね。
蜘蛛が恐いへびが怖いというのが共感できるんでしょうね。

夜は「ハングル寿限無」「新死神」スタッフへのサービス。
寿限無のリレー。
9月30日もまた宜しくお願いします。ありがとうございました。

終演後すぐ主催者の車に乗り込み、すべりこみで電車に乗車。
新宿末広亭深夜寄席へ。
オリンピックのサッカーの試合のせいか、立ち見は出ず。
ネタは「転失気」。エイベックスさん、今度こそCDに収録してくださいね。

5日
野田市本町会 七夕祭り司会。
去年まで派手な炎の着物を着て出てましたが、今年から
絽の着物に換えました。
涼しいね絽は。
なんでもっと早く気がつかなかったんだろう。
この会も毎年呼んでくださってます。
ありがとうございます。

9日
新ニッポンの話芸ポッドキャスト収録
経費削減のためぼくが録音/編集を担当
スタジオはこしら兄さんがユーストリーム配信を行っている
人形町CAFEST
4回分収録。
みんな話面白い!

11日
漆器を作っている職人さんが自宅で落語をやってほしいというので伺いました。
お座敷お座敷。
終わって手作りの筋煮込みをいただきました。
おいしかった!

12日
「新・ニッポンの話芸」
2回目。ぼくがトリ。「新・牛ほめ」
ポッドキャストでもっともっとお客さん増えるといいですね。


15日からは大須演芸場夏の特別公演に出演。
露の団四郎師匠の怪談噺。
「淀川堤夢川竹」
照明を落とし、幽霊を出し、
「はて恐ろしき、執念じゃなあ」
で終わる、オーソドックスなスタイル。
今東京でもなかなか見られないので、貴重な体験をさせてきただきました。
ちなみに何年か前のこの会で露の団姫さんとダイジローさんが結婚しました。
今では同じ楽屋で寝泊まりしてます。

せっかくなので団四郎師匠には「夢八」を稽古していただき、
最終日にあげていただく。
この噺はぼくにあってるなあ。
いい噺を稽古していただいてありがとうございました。
「自分おもろいなあ、大阪に来んか」
と団四郎師匠にお誘いいただきましたが、東京にいられなくなったらそれも考えます。

22日
「美女と野獣」
馬るこぴっかり二人会。
師匠のお供とか、誰かの前座でというパターンはありましたが、
静岡で自分の名前でお客さんを集めるのはお互い初めて。
どうなるものかと思いましたが、なんとか30名ほどお越しいただきました。
集客にご尽力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

23日
大須演芸場
「鈴々舎馬るこ独演会」
馬るこ ぴっかり ブラック

朝刊の毎日新聞で宣伝もしていただいたんですが、その記事内容により、
お互いを高座でキャッチボールするというテーマの会になってしまい
それが妙にハマって、客席の熱気というのがすごくこちらにも伝わってきました。
録音してるので出せる範囲で何かしらの形で世に出したいですね。
2000円の木戸銭でしたが、2000円じゃ安いと思いましたよ、自分でも。
本当に席亭初め関係者の皆様、お客様ありがとうございました。
posted by 鈴々舎馬るこ at 21:02| Comment(0) | 日記

新ニッポンの話芸ポッドキャスト第二回配信

seijyoubana01.jpg

新ニッポンの話芸ポッドキャスト第二回目の配信が始まりました。

広瀬和生、立川こしら、鈴々舎馬るこ、三遊亭きつつき
が毎月出演する「新ニッポンの話芸」
(次回は9/15(土)19時開演 成城ホール 
前売り・予約2500円 当日2800円 
予約03-3482-1313)
の宣伝活動の為に始まりましたポッドキャスト!

「新ニッポンの話芸ポッドキャスト」第二回!
http://www.rakugo-podcast.com/shinwagei/

前回は入門の経緯でこしら兄さんの驚愕の実態が明らかになりましたが、
今回は「入門したらこんなイヤな目にあった」がテーマ。
先輩をぶん殴った立川こしら、初対面のお客さんに家まで来られた三遊亭きつつき、
先輩が注文した尋常じゃない量の料理を食べ続けた鈴々舎馬るこ。
それぞれの前座時代のエピソードが聴けます!

経費削減のためにぼくが、録音/編集を担当しているので、
お聞き苦しい点がありましたら遠慮なくメッセージをお願いします。
reireisyamaruko777@yahoo.co.jp
あと編集のテクニックとか教えてもらえると嬉しいです。
当方まったくの素人です。

rakugo-podcast.com
という素敵なドメインまでとっていただいたので、
トークと平行して落語も配信していこうと思っています。
今無料で落語をダウンロード出来るポッドキャストがなくなっちゃったので、
この落語ポッドキャスト.comを新しい落語の発信基地にしたいと思います。

とりあえず毎週金曜日の更新です。
できれば長く続けたいと思っています。

itunesに登録すると自動的にダウンロードしてくれて便利です。

みなさん聴いてくださいね。

posted by 鈴々舎馬るこ at 20:25| Comment(0) | 日記

2012年08月17日

新・ニッポンの話芸ポッドキャスト配信開始

【拡散希望】新・ニッポンの話芸ポッドキャスト本日より配信開始!広瀬和生、立川こしら、鈴々舎馬るこ、三遊亭きつつきの爆笑トーク。録音、編集、ジングル作曲は馬るこ!皆様聞いてください!完全無料です!http://www.rakugo-podcast.com/shinwagei/
posted by 鈴々舎馬るこ at 21:02| Comment(0) | 日記

2012年08月07日

日常風景

7月も動き回りましたね。
中席は小せん兄さんのトリで鈴本夜に3日入れていただきました。
古典におもねらずに馬るこ落語でウケたからよしとしましょう。
千秋楽は小せん兄さん「ガーコン」度胸ありますね。
お客さんは「待ってました!」って感じでした。

新潟でお祭りの余興に行って、イベント会社の社長に、
自社でプロモートしているNegiccoの魅力について延々語られ、
いつのまにかNegiccoのファンになってしまいました。
8/4のアイドルフェスに行きたかったけど、仕事で残念。

新潟から始発で帰り、補聴器落語収録。
今ワイデックスさんのホームページで視聴可能です。

早朝寄席の翌日は神楽坂レザミ寄席。
キャンセルが出たのに当日客がつめかけて超満員!
いつもありがとうございます。

翌日の高円寺・萬感寄席では10年ぶりに同級生と再会。
高校時代のやさぐれ組仲間。あんまり変わってなかったね。

翌25日は菊六独演会。
ちょうどたまたま深夜寄席CDの発売日だったので、
受付で販売。12枚お買い上げいただきました。
ありがとうございました。

26、27は本当は仕事が入ってたのですが、
キャンセルになってしまいまして、
ほっとしました。
というのが、29日のライブで流す動画編集に当てる時間ができたからなんですね。
それがなければ仕事はキャンセルにならない方がもちろんうれしいんですが。
しかし力及ばず、思い描いていた完成度とは低い段階で納品。
完成品をお客様にDVDでお渡しすることを約束。
申し訳ありません。ただ今編集中です。

29日ぼく個人は富山に大仁田厚興行に参戦。

IMG_9948.jpg

リングアナおよびレフェーリーまでやったりして。

みんなで記念撮影
IMG_2089.jpg


お土産屋さんで笹飾り。
富山の女の子はセンスありますね。

IMG_0406.jpg



富山ブラックはなかなかおいしい醤油ラーメン!

IMG_7802.jpg


ついでに薬売り記念館やら北前船記念館やらを見て帰りました。


8/4は誕生日だったんですが、がっつり仕事入れました。
鎌倉で二回公演2時間半落語しゃべって、新宿末広亭深夜寄席。
鎌倉昼は子ども落語。
子どもと遊びながら一体感を作り、さくさくっと「寿限無」「まんじゅうこわい」。
「まんじゅうこわい」ってやっぱりわかりやすい噺なんですね。
子どもが食い入るようにして見てましたよ。

夜は大人落語。
「ハングル寿限無」「死神の剣」
スタッフの皆さんはどちらの寿限無も聞けてお得な会。
19時30分に終演して、19時39分の電車に乗るために
主催の方に着物のまま車で駅まで送ってもらい滑り込みセーフ。
汗まみれのまま深夜寄席。
受付やら行列整理やらをこなしつつ「転失気」。

翌日は野田市本町会の夏祭り司会。
7時間。
帰ったらぐったり。

昨日は完全オフの日。
整骨院で低周波流してもらってマッサージ受けて酒飲んで
あとは何もしないで就寝。おやすみなさい。

posted by 鈴々舎馬るこ at 13:06| Comment(0) | 日記

2012年07月27日

ああ一安心

7/29「夏TEN打ち上げ大宴会」を企画しておいて
富山に大仁田厚興行に行ってしまって申し訳ありません。

「落語ソング大全集」「夏TENダイジェスト」の動画編集をするのでそれでかんべんしてください。
ということでお許しをいただいたので、
動画編集を始めたんですが、
これがむちゃくちゃ時間がかかるんですね。

やっぱり笑える映像にしたいので、
字幕のタイミングだとかネットから拾った画像とか色々組み合わせて凝って行くうちに
3分の映像を作るのに半日かかることがざらになってしまい、
えらいことになったと途中で後悔していました。

でも仕事はちゃんとやってますよ。
早朝寄席もトリでたっぷり。
23日神楽坂レザミ寄席満員御礼でありがとうございました。
2席で80分熱演後打ち上げも参加。
24日高円寺萬感寄席ご来場ありがとうございました。
立川吉笑さんと一席ずつ。
10年ぶりに同級生と再会したので終電まで飲みました。
25日は「深夜寄席CD」発売日、たまたま偶然、菊六兄さんの独演会のゲストだったので
取り寄せて販売させていただきました。
お買い上げくださいました皆様ありがとうございました。
そして昨日は休みだったので、一日動画編集。
一日平均4〜5時間かけて20分ほどの映像に仕上げました。
何をやっているんだオレは。

そして今日やっと完成したので、らくごカフェにDVDにして置いてきました。

本当は昨日26日と今日27日仕事が入りそうで、
我々の業界で言う仮オサエというのをしていたのですが、
両方ともキャンセルになってしまいました。
本来なら仕事が二つもなくなったら落ち込むところですが、
「動画編集の時間がとれてラッキー」と思ってしまいました。
おかしいですよね。一円にもならないのに。

でもおかげさまで面白い映像に仕上がったと思います。
「落語ソング大全集」
もちろん被紹介者の許可は一切得てませんので、今後YouTubeに流す事もなければ
公にすることもありません。
個人的にこっそり見せることはあるにしても、ほぼ今回限りの映像であります。
打ち上げの会にぜひお越しください!
『夏TEN打ち上げ!大宴会』
7/29(日) 開場:17時半 開宴:18時 
出演:時松、花ん謝、他   料金:4000円 (軽食、ワンドリンク付き)

落語二席と鈴々舎馬るこ責任編集、ドキュメント7・15〜16『夏TENダイジェスト』を見ながらのトークショー。
※一部予告にて馬るこ参加とありましたが事情により欠席致します。悪しからずご了承下さい。
同時上映・鈴々舎馬るこバスツアーより「落語ソング大全集」(馬るこは映像のみの参加です)

※25名様限定・食材準備の都合上当日券はありません。

ご予約はらくごカフェまで 
rakugocafe@hotmail.co.jp
電話03-6268-9818(平日12時〜18時まで)
千代田区神田神保町2‐3 神田古書センター5階

皆様のご参加心よりお待ち致しております。


富山方面の方「大仁田厚興行」ぜひお越しください!
29日(日)
富山の酒場でプロレス&キャットファイトイベント
『大仁田厚バナナでまさかの金網DEデスマッチ!』

【1部】18:00スタート【2部】20:30スタート※入替制

▼場所 バナナの恩返し@特設金網リング
富山県魚津市釈迦堂1-13-20(0765-24-4788)

▼入場料(1部・2部共通)男:¥5500(飲み放題) 女:¥3500(飲み放題)

▼出演
・大仁田厚
・矢口壹琅
・怨霊(666)
・山田太郎(666)
・夢子(CPE)
・SCわか(CPE)
・鈴々舎馬るこ(落語家)

▼前売りチケット販売
・ローソンチケット(Lコード:55606)
・バナナの恩返し(0765-24-4788)

▼問い合わせ
バナナの恩返し(0765-24-4788)



posted by 鈴々舎馬るこ at 19:58| Comment(0) | 日記

2012年07月23日

早朝寄席

昨日は早朝寄席でした。
朝10時開演で早朝もなにもありませんが、
我々落語家は夜型の生活ですので、
10時は早朝なんです。

同期の菊六兄さんとこみちさんが一緒だったので、
夏TENの続きのようでした。

夏TENの「メオトーク」で、こみちさんと旦那の宮田昇さんの馴れ初めを
根掘り葉掘り聞きまくって、
「じゃあ、これで締め込みやるけどいいですか?」
とちゃんと許可もいただいたので、
遠慮なくやらせてもらいました。
「締め込み」という落語を教わった時に、

「これは亭主が女房に惚れて惚れて惚れまくってるから、こういう風に怒るんだ。
だから気持ちを大事にしてやりなさい」

と言われたのですが、イマイチしっくり来ませんでした。
しかし色々考えているうちに、あ、身近に惚れて惚れて惚れまくって一緒ンなった夫婦がいるじゃん、
そうか、こみちの了見になって落語をやればいいんだ!
と思ったのがきっかけ。
メオトークで聞き出したことを織り込んだだけなんですが、
なかなか夫婦の情愛の深い噺に仕上がったと思います。

こみちさん昇さん、ありがとうございました。
勝手に人生をネタにさせてもらいました。すみません。

鈴本演芸場 早朝寄席
一、長短       菊六
一、くしゃみ講釈   こみち
一、蔵前駕篭     市江
一、こみちの締め込み 馬るこ 
満員御礼

メオトーク1.png
posted by 鈴々舎馬るこ at 16:51| Comment(0) | 日記

夏TEN打ち上げ大宴会

さぁお待たせを致しました!今年夏TENに参加した方も、好きな会が被ってこられなかった方も、単に飲みたい方も、あの興奮を再び!今年の夏TENの模様を一時間程にギュッと凝縮した映像を見ながらTENメンバーのトークを聞いて暑気払い。その名も『夏TEN打ち上げ!大宴会』夏TENのスピンオフ企画です。時松、花ん謝の落語も付いて、トークから参加のメンバーも数名の予定。
皆さん、一緒に笑って飲みましょう!


『夏TEN打ち上げ!大宴会』
7/29(日) 開場:17時半 開宴:18時 
出演:時松、花ん謝、他   料金:4000円 (軽食、ワンドリンク付き)

落語二席と鈴々舎馬るこ責任編集、ドキュメント7・15〜16『夏TENダイジェスト』を見ながらのトークショー。
※一部予告にて馬るこ参加とありましたが事情により欠席致します。悪しからずご了承下さい。
同時上映・鈴々舎馬るこバスツアーより「落語ソング大全集」(馬るこは映像のみの参加です)

※25名様限定・食材準備の都合上当日券はありません。

ご予約はらくごカフェまで 
rakugocafe@hotmail.co.jp
電話03-6268-9818(平日12時〜18時まで)
千代田区神田神保町2‐3 神田古書センター5階

皆様のご参加心よりお待ち致しております。
posted by 鈴々舎馬るこ at 12:58| Comment(0) | 日記

2012年07月18日

夏TEN!

ten-rakugo-2012-07-15T22-24-13-1.jpg

夏TENご来場いただきましてありがとうございました。
2日間6公演、延べ200名ほどのお客様にご来場いただきました。

差し入れやお花やプレゼントなどたくさんにいただきまして、
出演者一同大変喜んでおります。
本当にありがとうございました。

これから新潟に泊まりで行って、明日の始発で東京に帰って来て
朝から補聴器落語の収録を行い、鈴本演芸場の夜席に出演するので、
本当は撮影した動画からスクリーンショットを撮って
写真付きでレポートしたいところなんですが、
それは次の更新までのお楽しみということで。


スクリーンショット(2012-07-13 23.28.45).jpg


お大尽券特典CDと限定販売「夏TEN collection」4種類を
70枚コピーと盤面印刷、録音機器準備、台本チェック等々々々
完全に寝不足のまま当日を迎える。

12時らくごカフェ入り。
パンフレットにチラシの挟み込みおよび打ち合わせ。

15日第1部 『志ん八・駒次その世界』   
TENメンバーがTENメンバーの作品に挑戦するというこの企画!

志ん八作「七福神オーディション」さん若

オリジナルのギャグが入り、新作が進化してました。
終わって感想聞いたら「もんやんない」
って言ってましたが、面白かったからもっとやればいいのに。

駒次作「鉄道戦国絵巻」時松

台本がよければ誰が演じても面白いということが証明されました。
矢文が刺さる仕草を扇子と手ぬぐいで表現したところはさすが。 

志ん八作「ニコチン」三木男

前日の深夜寄席で稽古してました、この男。
趣味のモデルガンを持って来て説明するも、あまりウケず。

 
駒次作「公園のひかり号」花ん謝

ノリでこの企画を引き受けてしまったことを本当に後悔していた模様。
ひかり号の停車駅を思い出しながら車内アナウンスをしている所を
駒次さんがクスクス笑いながら見ていたのが印象的でした。


15日2部 『輪廻TEN生、因果は巡る。真景塁ヶ淵リレー落語』 
ご存じ円朝師匠の怪談話をTENメンバーでリレー口演。

「宗悦殺し」 ろべえ 

ぼくも昔やりましたが、笑えるところが無い上に登場人物の誰にも感情移入ができないので
やってて面白くない噺。
そこを時代劇のように重く淡々と演じきったところが素晴らしい。
最後の錯乱するシーンはオリジナルの演出だそうです。

「深見新五郎」 花ん謝

男が女に「やらせろやらせろ」と迫るだけという救いの無い噺。
花ん謝テイストで前半は軽く聞かせ、後半見事に怪談に。
並び的にベストな人選。
時松プロデューサーの腕が冴えてます!

「豊志賀の死」時松

言い出しっぺなので一番負担の大きいところを引き受けてくれました。
6公演の中では一番地味でしたが、
内容としては一番濃かったんではないでしょうか。
まとめてCDにしたいんですが、下手すると3枚組になるなこりゃ。  


15日3部 『メオトーク』 
一昨年漫才師の宮田昇と結婚した柳亭こみちをメインに据えて、夫婦の噺とメオトーク。

一日目の目玉企画。
昨年11月22日いいふうふの日にぼくの企画で
大阪の露の団姫さんダイジローさん夫婦とともに「メオトーク」を
行った所大変盛り上がったので、二匹目のどじょうを狙いに行きました。

「たらちね」 馬るこ
菊六兄さんにお願いしてツケ打ちをしてもらいました。
短めに下りようとしたのに30分やっちゃいました。スミマセン。


「厩火事」 菊六
メインはトークですが、落語もしっかり。
夫婦の情愛を描いた噺をたっぷりと。
 
『メオトーク』こみち&昇 菊六 馬るこ

二人の馴れ初めは草野球から。
仕事をしている姿ではなく、キャッチャーをやっている姿にこみちさんが一方的に惚れ込み、
つきまとい行為を始め、一緒になるまでを掘り下げて聞きました。
女性のお客様が、照れて笑ったり、たまに昇さんの鈍感さにムッとした表情を見せていたのが
面白かったです。
最後の名言がよかったね。こみち「私が昇さんを幸せにします!」
大拍手でお開きですよ。


「漫才」宮田陽・昇
昇さんはこみちさんの旦那ですから身内みたいなもんですけど、
陽さんはいつも企画に巻き込んでしまいまして申し訳ありません。
爆笑漫才でおおいに盛り上がりました。ありがとうございました。

「堪忍袋」 こみち
「絶対あなたたち夫婦の話を入れてね」とリクエストしましたら
ずいぶん悩んだみたいですが、見事に家庭内のネタを織り込んだ「堪忍袋」を仕上げて来てくれました。
「メオトーク」からの流れでだいたい二人の仲がわかっているので余計に面白い。
「二回目のデートでいやらしくあたしの腰に手をまわしてきやがってこのクソ漫才師ー!」
宮田陽・昇先生とセットの仕事の時は絶対ウケますわ。うらやましい。


一日目終了後、打ち上げで翌日の余興の会とフィナーレの打ち合わせ。
特にフナーレはああでもないこうでもないと演出の意見を出し合い、
結局ぼくが本番までに音とフリップを用意して一曲ギターコードも覚えなければいけないということで解散。
頭がぼーっとしてたので、深夜1時に帰宅後すぐに寝て、
朝8時まで熟睡。
起きてすぐ海援隊の「母に捧げるバラード」のギターコードを検索。
2時間ほど稽古して、本番用アレンジと演出を考え、「菊六兄さんに捧げるバラード」を製作。
ボディガードの「I will always love you」結婚式でよく使われる「えんだあああああああ」って奴の
最後のサビの部分が再生ボタン押せば出るように編集してCDに。
出かけるまぎわにフリップを作り忘れてたことに気が付き慌ててプリンターを稼働させる。

16日1部『てん諸国漫遊記』
江戸を離れた土地土地の噺。

・ねずみ  仙台 三木男
・祇園祭  京都 こみち 
・抜け雀  小田原 志ん八 
・万金丹  江戸を離れた遠い所 さん若 

今回の6公演の中で一番長かった。
こうなることは予想されたけど、
2部の開場ギリギリまで行ったのはまずかったですね。


16日2部『爆笑TEN国!余興の会』
秘密組織『TEN余興部』。消え掛かっている余興の数々を現代に甦らせるべく合宿を組んで挑んだ成果を今日披露。

・落語・民謡大家/当て振り・芸者さんの一日  こみち
・へび女                  馬るこ&志ん八
・マジック                  花ん謝
・落語・中国人のラブレター         馬るこ
・字遊び                  ろべえ&花ん謝
・落語                  駒次
・三陸鉄道かっぽれ           時松&駒次
・大喜利・三題              楽屋一同 

これがやりたかった。
盛り上がりで言えば一番盛り上がったんじゃないですかね。
自画自賛ですか?
「へび女」はゆーとぴあさんのゴムぱっちんのパクリなんですが、
こんなにウケるとは思いませんでした。 
やってる方がすごく楽でむちゃくちゃウケるので、コストパフォーマンスとしては最高ですね。
今度別のところでもやろうかしら。
拍手喝采だったのはやはり三陸鉄道かっぽれ。
これはYOU TUBE にもあがってますのでよかったら検索してみてください。
大喜利もよかった。三木男ちゃんの司会もよかった。
みんなよかった!

16日3部『菊六祭り』
今秋真打に昇進致します古今亭菊六をTEN流に祝福。

・ろべえ だくだく
・志ん八 ピリオド
・駒次 寿限無
・菊六 居残り佐平治
大フィナーレ

最後菊六兄さんがみっちり「居残り佐平次」をやりきった直後、
全員でぞろぞろ入って来て、ぼくのギターで「菊六に捧げるバラード」を熱唱。
一人一人卒業式風に送辞を述べ、「♪今も聞こえる あの菊六の声 僕に人生を 教えてくれた やさしい菊六」と合唱。
「菊六兄さん、さよーならー」
と送り出し、
「9人になっちゃいましたね」
「あと一人オーディションで入れますか」
「TWOの夏丸さんときつつきさんがいますね」
「粋歌さんなんかもいいんじゃないですか」
と話合っておりますと、総番頭時松より
「実はもう決めております」
との衝撃発言が!
「じゃあ、番頭さんの意見に従いましょう。新人さんどうぞ!」
のきっかけとともに「えんだああああああああ」と曲が流れ
「新人 菊六改め 古今亭文菊」というフリップを首から下げた菊六兄さんが
「どおおも!あたくしが新人でございます」
と入って来て、見事な予定調和。
お客さんも大拍手で3本締めをしてお開き。

みなさん本当におつかれさまでした!
ご来場いただいたお客さま、プレゼントくださいましたお客様、
6公演すべてご覧になったお大尽の皆様、
悪ふざけに付き合っていただいたらくごカフェの皆様、
粋歌さん、写真撮影してくださった吉田さん、本当にありがとうございました。
posted by 鈴々舎馬るこ at 13:02| Comment(0) | 日記

2012年07月15日

いよいよ夏TEN

いよいよ今年もやって参りました。日曜日は夏TENです!

平成24年7月15日(日)〜7月16日(月・祝) 
神保町 らくごカフェ
〒101‐0051 東京都千代田区神田神保町2‐3 神田古書センター5階
電話:03‐6268‐9818
Eメール:rakugocafe@hotmail.co.jp
ブログ:http://www.navi-bura.com/rakugocafe/

予約、問い合わせもらくごカフェ

一部あたり¥2000 
2回券¥3500 
2回券は6公演の内お好きな2公演を見られるお得なチケットです。
当日会場にて販売致しますので、見たい会をご予約の上お出で下さい。 
お大尽券(6回有効通し券) ¥10000(15枚限定)
      

15日1部 『志ん八・駒次その世界』   
12:30開場 13:00開演 15:00終演予定
TENメンバーがTENメンバーの作品に挑戦いたします。お馴染みの作品がどう変化しますか、乞うご期待!

・七福神オーディション さん若
・鉄道戦国絵巻 時松 
・ニコチン 三木男 
・公園のひかり号 花ん謝 
    
15日2部 『輪廻TEN生、因果は巡る。真景塁ヶ淵リレー落語』 
15:30開場 16:00開演 18:00終演予定
ご存じ円朝師匠の怪談話をTENメンバーでリレー口演。三人の個性で作品を紡ぎ上げます。

・宗悦殺し ろべえ 
・深見新五郎 花ん謝
・豊志賀の死 時松  

15日3部 『メオトーク』 (再度ネタと出番の変更があります)
19:00開場 19:30開演 21:30終演予定
一昨年漫才師の宮田昇と結婚しました柳亭こみちをメインに据えまして、ほんわかした夫婦の噺をお送り致します。ゲストに漫才の宮田陽・昇。正にリア充!

・たらちね 馬るこ
・厩火事 菊六 
・出演者一同『メオトーク』
・宮田陽・昇
・堪忍袋 こみち

16日1部『てん諸国漫遊記』
12:30開場 13:00開演 15:00終演予定
落語は江戸の物?いえいえ、そんなことはありません。江戸を離れた土地土地の噺をお楽しみ下さい。

・ねずみ  仙台 三木男
・祇園祭  京都 こみち 
・抜け雀  小田原 志ん八 
・万金丹  江戸を離れた遠い所 さん若 

16日2部『爆笑TEN国!余興の会』
15:30開場 16:00開演 18:00終演予定
秘密組織『TEN余興部』。消え掛かっている余興の数々を現代に甦らせるべく合宿を組んで挑んだ成果を今日披露。落語もやるよーん。

・落語・民謡大家/当て振り・芸者さんの一日  こみち
・へび女                  馬るこ&志ん八
・マジック                  花ん謝
・落語・中国人のラブレター      馬るこ
・字遊び                  ろべえ&花ん謝
・落語・綴り方教室            駒次
・三陸鉄道かっぽれ           時松&駒次
・大喜利・三題              楽屋一同 

16日3部『菊六祭り』
19:00開場 19:30開演 21:30終演予定
今秋真打に昇進致します古今亭菊六をTEN流に祝福。祭―つりだ祭りだ祭りだ菊六まーつーりーー♪

・ろべえ だくだく
・志ん八 ピリオド
・駒次 寿限無
・菊六 居残り佐平治
大フィナーレ

◎ご予約で定員に達した場合は当日の入場をお断りする事がございますので、らくごカフェにご予約の上でお出で頂く事をお勧め致します。
◎やむを得ない事情による代演は何卒ご了承下さい。
◎今回スタンプ10個によるご入場は出来ません。ご来場の際のスタンプは致します。
◎場内への飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。後方カウンターにてお飲物、軽食を販売致しております。
◎許可の無い撮影録画録音は固くお断り致します

皆様のご来場心よりお待ち致しております。

「物販」
夏TEN collection 発売
待望のTENのCDが枚数限定で発売されます。
全部で4種類

夏TEN collection 赤
ろべえ「付き馬」
菊六「船徳」


夏TEN collection 黄
こみち「崇徳院」
時松「中村仲蔵」


夏TEN collection 青
花ん謝「リアル坊主」
馬るこ「五人廻し」


夏TEN collection 緑
志ん八「締め込み」
三木男「化物使い」
さん若「権助芝居」


です。それぞれ15枚ずつプレスしました。
1枚1200円
4枚纏めてお求め頂くと4000円の大ご奉仕価格。
夏TEN会場にて発売します。どうぞこの機会にお求め下さい。
あのアツイ夏が蘇える!


「お大尽券特典CDの中身発表!」
お大尽券のお土産に制作しましたCDが完成致しました!

夏TEN〜三年目の冒険〜より
日本が誇るコントの古典、茶番より 『山崎街道』 を鈴々舎馬るこ、柳家花ん謝のコンビで
今年真打昇進今ノッテル人と言えばこの人 『明烏』 を古今亭菊六

二題を収録しました。お大尽だけの特典ですから勿論非売品です。
これはかなりお得なチケットになるんじゃないでしょうか?
まだ若干残りがありますのでどうぞこの機会にお大尽券をご予約下さい。

いよいよ明日、日曜日。神保町らくごカフェでお待ち致しております。
posted by 鈴々舎馬るこ at 03:04| Comment(0) | 日記

2012年07月12日

オンナノコ電力 解散ライブ

IMG_4716.jpg









キャットファイターが突然始めたコントユニット
「オンナノコ電力」の解散ライブに行きました。
VTR出演と、2部のトークショーの司会をしたので、
実質出演者なんですが。

「ウインク誕生秘話」
という、関係者に見られたらものすごく怒られそうなコントが、笑あり涙ありでとても面白かった。
なにしろウインクの鈴木さんの方が刑務所帰りという設定ですからね。
台本もかなり練ってたし、これで終わらすのは非常にもったいない。

なので、ぼくが落語でやります宣言をしました。
ちゃんとお礼しますから、やらせてくださいと。

2部のトークショーは二人にお絵かき対決をやってもらったんですが、
お題をもらうのに、お客さんが下ネタ連呼しすぎ。
いちいち拾って突っ込むから、ぼくまで下ネタ連呼になっちゃうでしょ!
大声で「陥没乳首」とか叫ぶのはやめなさい!
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:57| Comment(1) | 日記

パンダの赤ちゃん

上野動物園のパンダの赤ちゃんがあの世に旅立ちました。
名前募集中で、名前の欄を空欄にしたせんべいまでできてたのに。
この話を師匠の家でしていると、おかみさん「バイバイって名前にしてせんべい売れば」って。
発想が斜め上過ぎですよ、おかみさん!
posted by 鈴々舎馬るこ at 11:45| Comment(0) | 日記

2012年07月11日

緊急告知

本日より10日間、我らが兄弟子、柳家小せんが鈴本演芸場でトリをとります!
馬るこは17 19 20日
出演です!

鈴本演芸場 7月中席 夜の部
お待ちしております!

ちなみにぼくは今日から3日間、新宿のネイキッドロフトに出没しております。

7/11-13(新宿)CPE文化祭直前情報

■1日目■
7月11日(水)
オンナノコ電力単独ライブ『純血』
世界で唯一キャットファイターによる女二人コントユニット
エロ+笑い+涙=スカートの中!!
2012年7月11日(水)
18:30 OPEN/19:30 START
at/ネイキッドロフト新宿(03-3205-1556)
※東京都新宿区百人町1-5-1
JR新宿駅東口より徒歩7分
入場料:¥1500(飲食別)
____________

■2日目■
7月12日(木)
キャットファイト【裏】トーク祭り
開場18:30/開演19:30
at/ネイキッドロフト新宿(03-3205-1556)
入場料:¥1500(飲食別)
____________

■3日目■
7月13日(金)
CPEキャットファイト10年分の大打ち上げパーティー!


開場18:30/開演19:00
at/ネイキッドロフト新宿(03-3205-1556)
入場料:¥1500(飲食別)

★イベントに関する全ての問い合わせ
090-8649-8861 (CPE)

+++++++++++++++

【当日券情報(¥1800)】
◎各日程18:30より会場入口にて販売致します!
※途中入場・退場可。是非お仕事帰りにお立寄りくださいませ。

【飲食】
●炒飯・焼きそば等約30種類。¥300〜
●アルコール・ジュース類各種

【当日の内容】
●7/11
└◎2部構成になります。ゲストあります!!

●7/12
└◎9/14CPE夏祭り第3弾出演者&一部試合カード先行発表!
└◎超懐かしい映像や初めて話す内容盛り沢山でお届けします!

●7/13
└◎飛び入りゲスト多数!!
└◎新人選手を御紹介します!

【ブース(物販など)情報】
▼DVD関連
●新作DVD格安セット販売(3枚組合せ自由¥5000)
◎女祭り2012-なでしこキャットファイト-上・下巻

└2011年12/28新木場大会収録(井上由美子ほか参戦)

◎帰ってきた道場マッチ!
└2011年11/13&12/18新宿大会収録

◎キャットファイト大全集31〜32
└過去のエッチなハプニングを収録

●旧作DVDバイキング(どれでも1枚¥1000)
└過去のDVD約50タイトル用意(1点モノ多数有)

▼チケット販売
●次回キャットファイト
└9/14@新木場大会『CPEキャットファイト夏祭り』
※一般指定席¥6000〜販売

☆各大会・イベント詳細は当日配布するフライヤーに掲載します!
posted by 鈴々舎馬るこ at 14:58| Comment(0) | 日記

2012年07月10日

ワークショップ

ワークショップ/話し方教室のことをブログに書いたら、早速講座を持って欲しいと依頼がありました。

ワンクールが6回から10回と言われました。

今まで一回完結でやっていましたので、
もっと細かく踏み込んだところまでやらなくてはいけません。

どうしようかなと悩んだんですが、
とりあえず本を一冊執筆するくらいの気持ちで、

今、落語家の立場で
「思いを言葉で伝えるテクニック」
「コミニュケーション/会話のテクニック」
「ヨイショのテクニック」
などを整理してレジュメを制作しています。
とりあえず3回分の講義とワークショップの執筆を終えたところです。

昔ブックオフに売ってしまった「ヨイショ!志ん駒一代」もAmazonで再び買いました。
「ヨイショ21箇条」をもう一度参考にするためです。

ぼくはしゃべったり社長をヨイショするのが仕事ですから、
必要に迫られて身につけたり編み出したりしたことを言語化しているだけなのですが、

話し方教室で「こういうことを学びたい」みたいなご意見がありましたら、

reireisyamaruko777@yahoo.co.jp
までメッセージをお願いします。
参考にさせていただきます。
posted by 鈴々舎馬るこ at 20:00| Comment(0) | 日記

2012年07月09日

肉のすずき

IMG_2916.jpg


IMG_3621.jpg


かねてより紛糾していたブラック師匠との焼肉戦争はブラック師匠に軍配が上がり、ぼくが浅草の
「肉のすずき」にご招待することで決着しました。
このてん末は、新作落語「レバ刺し根問」にうまく織り込むことができたので、かえってネタが増えてよかったです。

ブラック師匠は日本一の邦画ファンでもありますので、「落語物語」主演男優の柳家わさびくんもついでにきてもらい、
おおいに肉を喰らいました。

この日は7/3。レバ刺し禁止が7/1。肉の盛り合わせで出てきたレバーを軽くあぶって、激レア状態で食べたけど、おいしかったー。
レバ刺しじゃないので合法です!
posted by 鈴々舎馬るこ at 14:24| Comment(0) | 日記
spacer.gif